2015年05月10日

うたつかい第16号「いもうとに告ぐ」(連作5首)


『いもうとに告ぐ』

 いもうとの恋の話を聞きながす午後は西瓜の種がよく飛ぶ

 赤い実を選びついばむ鵯(ひよどり)のあれはお前といもうとに告ぐ

 冷えた手を頬に当てられ同じ血の愚かさを言う遠い日の帰路

 ジャングルジムにジャングルはなく月を見るうさぎの首の切れている月

 入道雲に行方を聞けば兄妹は夏の迷子として手をつなぐ



テーマ詠「2」

 それぞれの背にぬくもりのあることをふたりは背中合わせになって


(2013年9月・うたつかい16号掲載)

posted by 田中ましろ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うたつかい第15号「共犯者」(連作5首)


『共犯者』

 知らないことは知らないままに春霞かきわけていくような抱擁

 コンビニの袋ふたつが地に落ちてここはもう部屋ではなく荒野

 生きるのは叶わないから息を吐く息を吸う息をまじりあわせる

 うつくしい結末として春の風たっぷりふくむシャツを見ている

 共犯者めいて笑ってそれぞれの理由を聞いてしまわぬように



テーマ詠「植物」

 菜の花を自分のために茹でながら名もなき今日をあなたで満たす


(2013年7月・うたつかい15号掲載)

posted by 田中ましろ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うたつかい第14号「DOLLS」(連作5首)


『DOLLS』

 とびだしちゅうい役の子供が轢き逃げにあったと町内会のお知らせ

 待つことを存在意義にしたせいでハチ公にもう自由などない

 ペコちゃんの舌を奪ったポコちゃんが素知らぬ顔で笑みをふりまく

 後継が育たんのです夕焼けにカーネルサンダースは今日も立つ

 吊るされたまま朦朧とさるぼぼのあれが最初の快楽でした 



テーマ詠「はじまり」

 ひらがなにまみれてあそぶ休日のきみがおしえてくれるはじめて


(2013年4月・うたつかい14号掲載)

posted by 田中ましろ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

第4回角川全国短歌大賞・特選

第4回角川全国短歌大賞にて
岡井隆さんの特選に選んでいただきました。


群れるときわたしは消える図書館の深くに史書の眠るみたいに

<岡井さん評>
図書館の歌として知的でもあり、ユーモア含みでもある。冴えていると思う。「群れる」と「わたし」。(これは私性でもあり作者自身でもある。)そして図書館における「史書」の位置づけのおもしろさ。秀逸な歌。三十二歳男性の歌だ。


(角川学芸出版「短歌生活4号」掲載)(短歌は角川短歌4月号にも掲載)

年齢さらされたw


posted by 田中ましろ at 15:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

うたつかい2月号「叙情のためのエチュードV」


『叙情のためのエチュードV』

 霜柱踏み抜くように凛々しさよ底冷えの空から降りなさい

 消えたがる息をふたりで追いかける 進め 進め 進め けものみち

 難しく生きてはだめと言いつけてホットのペットボトルを渡す

 心臓を守るかたちに丸まってあなたは涙そのものになる

 ギアチェンジした春がうねりをあげてやってくるよと風に教わる



テーマ詠「告白」
手のひらのサイズが違うあなた、いや、君、いや、おまえ、お前を守る


(うたつかい2013年2月号掲載)



posted by 田中ましろ at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

空き地歌会・倉野歌会詠草

12月の冒頭から2週連続で歌会でした。
どちらもオープンな歌会だったのでこちらに転載しておきます。

空き地歌会は何気に第1回から第4回まですべて会場参加、皆勤です。
せっかくなので過去詠草もまとめておきます。

・第4回空き地歌会詠草(テーマ「結」)
 真冬日の結び目きつくバスを待つあいだにすこし君を忘れる

 
・第3回空き地歌会詠草(テーマ「地」)
 うつくしいしあわせを名に持つ人の手のパン生地になりたい夕べ
 

・第2回空き地歌会詠草(テーマ「再」)
 茹ですぎたファルファッレ春のせいにして君と話した輪廻について
 

・第1回空き地歌会詠草(テーマ「初」)
 こんなとこに黒子があるね はじめての角度できみを見る椅子のうえ 

第1回は最多得票だったので栄えある初代空き地王に選んでいただきました。
第3回は同率で最多得票でしたがじゃんけんに負けて惜しくも空き地王を逃しました。
これからも抽選に当たれば参加したいと思います。いつも運営ありがとうございます。

そして12/8は倉野歌会(テーマは「聖」)

・詠草
 冬風に触れた手と手の、あのときか、お前が主張する処女受胎

こちらはまぁ、ぼちぼちの得票でしたが個人的には気に入ってます。

参考リンク:歌会の詠草一覧などはこちらから↓
空き地歌会> http://akichikakai.blogspot.jp/
倉野歌会> http://kuranoichi.blog.fc2.com/


posted by 田中ましろ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

詩客2012年11月16日号(連作12首)

詩歌梁山泊さんの運営されている「詩客」という詩歌サイトから
原稿依頼をいただき作品を寄稿させていただきました。
作品は縦書きになることを前提に詠んでいますので
こちらには記載せずリンクを貼らせていただきます。リンク先の縦書き画像でぜひ。

『叙情のためのエチュードI』
http://shiika.sakura.ne.jp/works/tanka/2012-11-16-11869.html

タイトルにIとつけたとおり、続編も作っていくつもりでいます。
感想などもいただけますとものすごく喜びます。

posted by 田中ましろ at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

NHK短歌2011年9月号・ジセダイタンカ


『うつせみの』

 いなくなる人の背中は大きくて夕立そしてそのあとの晴れ

 守られていたのでしょうね水槽に触れても逃げていかない金魚

 飲み干したラムネの瓶のビー玉の誰も知らない過去 うばってよ

 低く飛ぶつばめは空へ 約束をやぶらないって約束のあと

 理由などなくても待とう空蝉はつよい孤独に耐えうるかたち

(NHK短歌テキスト2011年9月号・ジセダイタンカ寄稿)

  ※転載し忘れてたのでいまさら更新。


posted by 田中ましろ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

うたつかい10月号

【自由詠5首】

『たぶん秋風』

 あなたらしい言葉はなにも聞き出せずたぶん秋風だったんだろう

 海沿いはゆっくり冷めていくのです手と手の熱く触れた夏から

 ぶつかった場所から熟れていく桃か甘くけだるくあなたは香る

 崩れたら二度とは戻せないような砂のお城をつくったね夏

 離れると慣れるは似てるひたすらに道化のふりをする秋の道

  ※4首目、投稿ミスで助詞が抜けていたので訂正しました。


【題詠・食べ物】

 ちぎるちぎるちぎるちぎって告げるべき言葉とともに飲みこむ葡萄


(うたつかい2012年10月号掲載)

posted by 田中ましろ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

第41回全国短歌大会・佳作

こんなものがあったのか、と
はじめて投稿してみた現代歌人協会さん主催の第41回全国短歌大会。
佳作に2首選んでいただけました。

なんにでも醤油をかける恋人の「おまえだけだ」を聞きながす夏
 (島田修三さん・穂村弘さん・来嶋靖生さん選)

地下鉄の通過するとき待ちわびたメールがいっせいに滑りこむ
 (渡英子さん選)

2首とはいえ1首目は3人の選者さんから選んでいただけたので非常に光栄です。
選者陣もかなり豪華なこの大会。できたらまた来年も参加してみようと思います。


posted by 田中ましろ at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

第55回短歌研究新人賞応募作「告げられる冬」(連作30首)


『告げられる冬』     田中ましろ

 ひとつだけ思い出すなら夏の日の海に浮かんだ父子の一枚

 とりどりの線でこの世とつながってしずかに隆起している身体 *

 上履きが片方なくなるようにして例外はなく人は死ぬのか

 寝返りをうまく打てない身をよじり意識の奥に意思は生まれる *

 父だけが止まり続ける部屋を出て冬いちめんに冬の到来

 手術中ランプは光る希望など持つなといわんばかりに赤く *

 波は打つ 潮は満ちゆく ましかくの海に身体を横たえるとき

 いおうええあえいああいと舌の無い口に背中を押されて帰路は *

 どこまでも子と思い知る(父が父が)ナースコールのボタン重たく

 何回も書いては消して最後にはだいじょうぶだと書かれたボード *

 使用済みカードに穴はあけられて 区別 その二文字の空しさ *

 識別子西519 手首にてネームバンドはくるくるまわる *

 麻薬おしえて麻薬ほんとうの痛みを隠した人にかける言葉を *

 冬の日の死に近づいた人の目にひかりを入れる医師のゆびさき

 開かれて縫い合わされて手のひらはいびつな顔をたしかめたがる *

 真夜中の待合室の動かない空気を肺に満たす たす け て

 告げられた余命をしまう場所がなく空を行く鳥見上げて父は

 点滴のしたたる音は海となる父子やすらかに目を閉じるとき *

 新聞をとどける仕事ひとつ増え病院までのゆるやかな坂 *

 死を待つのではなく死へと進むのだ 花は花瓶でなお咲くように *

 まんまるい言葉ばかりだ なにひとつ死の感触を知らないわたし

 無加工の現実が廊下を歩く ゆっくりたおれないよう ゆっくり

 丁寧に死を織り込んだ同意書は凛としたまま異をねじふせる

 親の顔したがる親の口もとへ水を差しだす病室の午後

 嘘ばかりだった口から(つかれたよ)こぼれて落ちたものをあつめる *

 ラジオからサラブレッドが駆けていく午後はふたりでそれを見送る

 動かない手で手をつなぐ人間を描いて不思議な父の約束

 ふたりして雲をながめる日々に慣れ もう春だろう窓の向こうは

 ひとつひとつが最期のようで焼きつけるストレッチャーはなめらかに行く

 「がんめんをふたつにわってわるいものすべてとりますそしてとじます」 *

+++++++++++++++++++
*印は新人賞候補作として短歌研究9月号に掲載していただきました。

3年前の父の手術から感情を整理して短歌になるまで随分と時間がかかりましたが、
きちんと形になり、さらに評価までいただいたこと、本当にありがたいかぎりです。
穂村さんの読みが完璧すぎて評を読んで泣きました。

このテーマだったから評価された、と言われないように引き続き頑張ります〜。

posted by 田中ましろ at 14:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

連作50首『宿り木』(角川短歌賞予選通過作品)

角川短歌賞(2010)にて予選通過させていただいた作品です。

+++

『宿り木』  田中ましろ

 振り向けばまだ香りたつ日々のなか小さな部屋で栞を失くす

 笑いつつ手を振る時間もないままにしずかに逝った線香花火

 病室で生きている花と枯れてゆく花を分けつつ聞く蝉の声

 幸せなうたの溢れるラジオから輝きすぎる夏が芽生える

 からっぽのわたしはエスカレーターで知らない街へ運ばれてゆく

 宿り木のひとつひとつに足跡を残して鳥は旅立つのだろう

 物干しにかかった服のすき間から空しさという空は広がる

   *

 支柱より伸びてしまった朝顔の蔓はひかりを求めて宙へ

 失った重み ソファはゆるやかに元のかたちへ戻ろうとする

 欠けたままのコーヒーカップに息づいた記憶たどれば新緑のころ

 瞬きのたび眼裏で笑うひと パステルカラーのセーター揺れる

 似顔絵を色えんぴつで描く まだ知らないことはたくさんあった

 まだここにいたいのですか 押入れの奥にピアスをひとつ見つける

 手帳にて守れなかった約束はふわり滲んで風化してゆく

 世界地図に打たれた赤いピンを抜く 指先で消す未来のかたち

 ひとりぶんの食器を洗いそのあとに雫がひとつ落ちるのを待つ

 ベランダでふたりの蒔いたひまわりは喪章のごとく俯いている

 夏空を積乱雲が隠しゆく早さ こころよあの青になれ

 天井に残ったしみはえいえんの傷 白亜紀の化石にも似た

 微笑めば微笑み返す人がいて鏡のまえにできた陽だまり

 忘れることは逃げることじゃない 西向きの窓に遺った指紋は笑う

 おしゃべりなふたつの声をうしなった部屋 風鈴の音つきぬける

 空白をひとつ潰せば空白はドミノのごとくまた降りてくる

 冷蔵庫が鈍く奏でる製氷の音に鼓動は掻き混ぜられる

 思い出がマリンスノーのごとく降る部屋 ぺたんこの布団で眠る

 無造作に転がりおちる溜め息を寝息に変えるための錠剤

 子供らの手には空蝉 いなくなる理由はどんなときもただしい

 錆び付いたメトロノームの日々にいる 働く眠る起きる止まる

 一本の線でつながる青とあお 二度と追いつけない夢を見る

 街路樹の緑の深さ 躊躇してつなぎそびれた手がよみがえる

 空をうつし空に焦がれた水たまりでした 空へと還ったひとは

 夕立に濡れて走ればおかえりとやさしい声は舞いもどりくる

 はつなつの光のなかで揺れていた氷 しあわせとはなんですか

 呼吸するすべてのものを捨て去ればふたりに宛てた歳暮が届く

 切った手を差しだし泣いていたひととわたしに絆創膏をください

 終電でシーラカンスの夢を見る 世界でわたしひとり深海

 水槽の金魚は天をあおぐ いま生きてゆくには足りない酸素

 これまでのせかいは優しすぎたのだ カーテン越しの朝日を浴びる

   *

 乗り遅れそうな電車へ走るとき落としてしまう記憶のかけら

 無情なる横断歩道の点滅は過去とわたしを引き離しゆく

 もう何も探さなくていい たんたんと月は満ち欠け過去をうすめる

 ゆるやかに消えゆくものもある 黒いせっけんがふたつに折れる夜
 
 リビングの椅子に蜉蝣 ふたりとも忘れてしまった約束もある

 コーヒーに溶けるミルクを眺めつつ思い出せない記念日ひとつ

 難解なジグソーパズルを解くように歩いた道は霞みはじめる

 食塩は湿気を帯びる 飛び出せば自由が待っているはずの朝

 八畳の焼け野原からまたいつか芽が出て恋は咲くのでしょうね

 ありがとうと付け加えつつ見送れば遥かなる夏の稜線かがやく

 後悔はしない パキラが凛として夏の終わりを告げたとしても

 うすまってゆく夏のドアを開いたら風吹き抜ける草原に出る


+++

最後まで読んでいただきありがとうございました。
読んでいただければお分かりかと思いますが、
大切な人を失くした夏の喪失感から抜けだすまでを描いた作品です。
部屋中のものが、街中のものが「宿り木」となって
失くした人との思い出をよみがえらせてしまう。
悩みながらも最後は前を向けると予感させるところで終わらせました。

初めての賞応募にしては上出来すぎる結果。
驕ることなく頑張りますので今後ともよろしくお願いします〜。


posted by 田中ましろ at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。