2015年05月10日

うたつかい第15号「共犯者」(連作5首)


『共犯者』

 知らないことは知らないままに春霞かきわけていくような抱擁

 コンビニの袋ふたつが地に落ちてここはもう部屋ではなく荒野

 生きるのは叶わないから息を吐く息を吸う息をまじりあわせる

 うつくしい結末として春の風たっぷりふくむシャツを見ている

 共犯者めいて笑ってそれぞれの理由を聞いてしまわぬように



テーマ詠「植物」

 菜の花を自分のために茹でながら名もなき今日をあなたで満たす


(2013年7月・うたつかい15号掲載)

posted by 田中ましろ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。