2014年04月20日

かばん4月号「叙情のためのエチュードZ」(連作8首)


『叙情のためのエチュードZ』

 踏まないでいてくれないか桜花風花きれいなままで死にたい

 いつだって掴みどころのない答えだったね物語をなびかせて

 しなやかさ誇らしくある髪先を風に あなたをここに 会いたい

 祝日は祝わなくてはいけないよそれぞれに花持ち寄る四月

 去る人の背にささやかな春を見る春の絵画に憎しみはなく

 悪だくみのひとつをいまも覚えてる木々にひかりの飛び散るような

 手招きを抱擁として新しいものに憧れるんだね 人は

 空から見える堤防を覆うようにして春は来るその春に名前を


(かばん2014年4月号掲載)

posted by 田中ましろ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | かばん掲載歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395154246

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。