2012年12月11日

空き地歌会・倉野歌会詠草

12月の冒頭から2週連続で歌会でした。
どちらもオープンな歌会だったのでこちらに転載しておきます。

空き地歌会は何気に第1回から第4回まですべて会場参加、皆勤です。
せっかくなので過去詠草もまとめておきます。

・第4回空き地歌会詠草(テーマ「結」)
 真冬日の結び目きつくバスを待つあいだにすこし君を忘れる

 
・第3回空き地歌会詠草(テーマ「地」)
 うつくしいしあわせを名に持つ人の手のパン生地になりたい夕べ
 

・第2回空き地歌会詠草(テーマ「再」)
 茹ですぎたファルファッレ春のせいにして君と話した輪廻について
 

・第1回空き地歌会詠草(テーマ「初」)
 こんなとこに黒子があるね はじめての角度できみを見る椅子のうえ 

第1回は最多得票だったので栄えある初代空き地王に選んでいただきました。
第3回は同率で最多得票でしたがじゃんけんに負けて惜しくも空き地王を逃しました。
これからも抽選に当たれば参加したいと思います。いつも運営ありがとうございます。

そして12/8は倉野歌会(テーマは「聖」)

・詠草
 冬風に触れた手と手の、あのときか、お前が主張する処女受胎

こちらはまぁ、ぼちぼちの得票でしたが個人的には気に入ってます。

参考リンク:歌会の詠草一覧などはこちらから↓
空き地歌会> http://akichikakai.blogspot.jp/
倉野歌会> http://kuranoichi.blog.fc2.com/


posted by 田中ましろ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。