2012年10月22日

第41回全国短歌大会・佳作

こんなものがあったのか、と
はじめて投稿してみた現代歌人協会さん主催の第41回全国短歌大会。
佳作に2首選んでいただけました。

なんにでも醤油をかける恋人の「おまえだけだ」を聞きながす夏
 (島田修三さん・穂村弘さん・来嶋靖生さん選)

地下鉄の通過するとき待ちわびたメールがいっせいに滑りこむ
 (渡英子さん選)

2首とはいえ1首目は3人の選者さんから選んでいただけたので非常に光栄です。
選者陣もかなり豪華なこの大会。できたらまた来年も参加してみようと思います。


posted by 田中ましろ at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。