2015年05月09日

寄稿・短歌研究「てのひらの歌」新作3首


『てのひらの歌』新作3首

生命線なぞって今日を探してる君にもうすぐ奪われる今日

水かきの退化した手にさくらさくら春の呼吸にさくらは混ざる

加速する月日をおもう三月のバスの窓には手のひらの波


(短歌研究2015年4月号掲載)
posted by 田中ましろ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かばん4月号「鳥と雨音」(連作8首)


『鳥と雨音』

 ともし火の揺れる参道ゆくような眼差しを持つ夜のあなたは

 囁きと思えば雨の降りしきる音 沈黙を震わせている

 ゆるやかに波打つ毛先遊ばせるあなたの細い指になりたい

 声は風 届けば消える風でありいま口元を飛び立っていく

 「自由ってかくかくしてて自由って感じじゃないわ、そう思わない?」

 鳥を想う 翼を持てば鳥なりの悩みもあるだろう青い空

 春用のブーツを履いた一日を語って雨の音を忘れる

 ぼくたちは椅子の軋みに囚われる人としてこの夜を超えるよ


(かばん2015年4月号掲載)
posted by 田中ましろ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | かばん掲載歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かばん3月号「冬の微熱」(連作8首)


『冬の微熱』

 はじめてのはじめましてに戻れない扉を開くぼくらの強さ

 寒空の澄んだ重さよさらさらと枯れ葉を追えば地を這うばかり

 雪解けに音はなくその雪の死を語りつごうとする人もなく

 ブランコの冷えた鎖を軋ませて近づく/離れる占いのよう

 内側に火を纏うひと火を零すぽつりぽつりと口ひらくたび

 丸まった鳩を散らして君は行く冬の微熱のその真ん中を

 手に触れる手にそれは波それは花伝わらないよう伝える遊び

 明るめの近い未来を持ち寄ってそこにだけ春生み出している


(かばん2015年3月号掲載)
posted by 田中ましろ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | かばん掲載歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かばん2月号「空を見ている」(連作8首)


『空を見ている』

 カイパーベルト生まれた場所をあとにしてどこまで行くか僕らは競う

 ゆるやかに低気圧へと向かう日のあなたにもらう大量の棘

 笑ってる人たちみんな灰になれ流れ星とは死だ 壮絶な

 たとえば土の記憶を辿るようなこと ねえわたしたちどこからきたの

 踊ったりしてたんだろうペルム紀はペルム紀なりの愛を奏でて

 たましいの位相差として熱のない諍いつづく冬の地下鉄

 空を見ているアスファルトはきっと星じゃなく淋しい青の空を見ている

 今まさに大量絶滅期だという星の害獣として僕たち


(かばん2015年2月号掲載)
posted by 田中ましろ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | かばん掲載歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かばん1月号(2首)


詠草2首

 教室に浮かぶ金魚を掬いとるあなたは秋の空気のなかに

 夜という夜は廊下に溶け込んで踏むたび影として顔を出す


(かばん2015年1月号掲載)

posted by 田中ましろ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | かばん掲載歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。